セドリ

坂本よしたか|SDGsシステム(社会貢献×副業)は怪しい詐欺?

今回は坂本よしたかの『SDGsシステム』を検証します!

まずは下記にご注意ください。

SDGsシステムには複数の名前があります。

  1. SDGsシステム
  2. 社会貢献×副業
  3. 物販投資×自動化システム
  4. SDGsボックス
  5. 物販投資×社会貢献
  6. トラック野郎が導く”終焉(フィナーレ)”

上記のサイトたちは全て同じLINEに誘導されます。

案内される内容は一切違いがありません。

全て同じサイトなので、上記のどれかを探している方はこちらの記事をご覧ください。

あなたが悪質な副業に騙されないようにこの記事が参考になれば幸いです。

当サイトでは坂本よしたかが関わる副業はおススメしていません。

[副業]坂本よしたか|SDGsシステムとは

今回検証するSDGsシステムとは、『坂本よしたか』が6つのサイトを使って参加者を募集している副業です。

6つのサイトは前述した6つのもの。

最終的には同じLINEの友達追加を斡旋されますのでどのサイトから登録しても変わりません。

しかし、この『坂本よしたか』という人物、評判はすこぶる悪かったのです。

なにせ集団訴訟を準備されていたのです。

坂本よしたかに対する集団訴訟?

『MatoMa』というサイトをご存じですか?

MatoMaとは?

被害にあった方たちが弁護士と一団とまとまって集団訴訟を準備するプラットフォームです。

そのMatoMaにはこんな一団がありました。

坂本よしたかが過去に運営していた『チェンジ・ザ・ワールド』という副業に対して集団訴訟を準備していたのです。

この集団訴訟に参加しているのは65人。

その請求金額は『15,368,760円』です。

1500万円ですよ?

1人平均24万円です。

こんな人数が集団訴訟の為に集まるなんてどんな悪質な内容だったのでしょうか…?

坂本よしたかは信用しない方が身のためかと思えます。

[副業]坂本よしたか|SDGsシステムの口コミや評判を検証してみた

次にSDGsシステムの口コミを調べてみたのですが、口コミが一切出てきません。

坂本よしたかの紹介では1万人以上に稼がせたと言っている割には口コミが1件もないのです。

もちろん、SDGsシステムは悪質、稼げないと判断するブログ記事は大量に見つかるのですが、体験談が出てこないのです!

『1万人以上稼がせた』

これの証拠はどこにあるのでしょうか…?

逆に集団訴訟を準備されているのを考えると…。

口コミは…。

口コミや体験談は大切な指標です。

重要な情報はしっかり確認してから始めましょう。

もし体験後ならよろしければこちらに口コミを書いて頂ければ幸いです。

もちろん坂本よしたかについてどんな情報でもOKです!

>>口コミを投稿する<<

副業を選ぶ基準が無いと簡単に騙されてしまう状況になります。

稼げる副業に出会う為に、しっかりポイントを確認しましょう。

副業を厳選するポイントとは?

副業ランキングから見る厳選ポイント

[副業]坂本よしたか|SDGsシステムの仕事内容を検証してみた

ではSDGsシステムの仕事内容を見ていきましょう。

坂本よしたかから送られてくる動画では仕事内容をこのように解説しています。

坂本よしたか
坂本よしたか
私の闇裏ルートで仕入れた商品をフリマアプリで販売するだけ

上記のように解説しています。

つまり仕事内容は坂本よしたかから商品を仕入れてフリマアプリで販売する『セドリ』です。

ですが、あなたはセドリをしっかり理解していますか?

ではセドリとは何か?

セドリとは、商品を購入し、利益を上乗せして販売し、差額を利益とするビジネスです。

しかし、セドリの注意点をあなたは知っていますか?

  1. 勉強が必要
  2. 仕入が大変
  3. 大きな資金が必要
  4. 商品の置き場所が必要
  5. 商品を売る時手間がかかる
  6. ライバルが多い

注意する事や作業に膨大な時間とお金が掛かる仕事なのです。

とても稼げる副業とは思えません。

だから企業は自分たちでやるのではなく、その手法を売ってお金に変えるのです。

自分たちでやるにはめんどくさい、利益が少ないからその手法を売ってお金にするのです。

セドリは決して
楽なものではありません。

初心者にセドリなんておススメ出来る訳がありません。

こんな人には不向きです
  • 大した苦労せず稼ぎたい
  • 説明書を読むのが苦手
  • 口頭で説明してほしい
  • 自分で調べるのが面倒
  • 利益化への道が考えられない
  • 仕入れなどの作業が耐えれない
  • 一切損失を出したくない

上記に当てはまる方は一刻も早く坂本よしたかのLINEをブロックしましょう。

SDGsシステムの注意点

また、SDGsシステムの注意点があります。

それは商品を坂本よしたかから仕入れなければならないという事。

解説動画では坂本よしたかから商品を仕入れることが前提として説明されています。

もし坂本よしたかに「商品を売らない」、「売れる商品がない」と言われれば仕事をすることすら思うようにいきません。

そんな根底を握られたビジネスを始めたいのですか?

『全て坂本よしたかしだい』

そんな副業にメリットを感じないのは私だけでしょうか?

[副業]坂本よしたか|SDGsシステムの初期費用を検証してみた

そしてSDGsシステムを始めるには参加費用が必要になります。

その金額がこちら。

原価は100万だそうですが、今なら30万、一括で払うなら20万まで値引きしますとのこと。

いやいや、原価って、あなたの言い値でしょう?

言い値から『80万値引きします!』と言われても魅力には感じられません。

しかもこの20万を払ってもビジネスの根底を坂本よしたかに握られている事実は変わりません。

私ならこの20万を自力で勉強したセドリの資金に使う方が健全だと思います。

あなたは20万を払って、坂本よしたかの子分になりたいですか?

[副業]坂本よしたか|SDGsシステムの会社情報を検証してみた

ではSDGsシステムを運営している会社の情報を見ていきましょう。

会社名 株式会社Seven stud
会社代表者名 代表取締役 下田隆
電話番号 052-756-3733
所在地 愛知県名古屋市名駅2丁目9–14 第15平松OFFICE3F
個人情報について 下記画像参照

SDGsシステムの特商法にはこの5点しか記載されていませんでした。

これはちょっと内容が薄すぎます。

特商法とは。

日本には特商法という法律があり、下記の様に定められています。

特商法とは?

特商法とは特定商取引法と言い、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。法律により販売業者名、運営責任者、所在地や連絡先の明記が義務付けられています。

つまり、特商法とは登録者が騙されない様に守る為の法律、そしてそのサイトが法律を遵守するかどうかの基準なのです。

特商法の記載をテキトウにする運営程、法律をなんとも思っていない、登録者を騙そうという証拠。

法律を遵守し、ちゃんとユーザーに寄り添うサイトは販売サイトで無くとも特商法の記載をしっかりします。

それなのに記載しないサイトは特商法、ひいては国に対して喧嘩を売っていると取られても仕方ありません。

まとめ

今回検証したSDGsシステムを主催する『坂本よしたか』は集団訴訟を準備されていました。

SDGsシステムの仕事内容は坂本よしたかから商品を仕入れてフリマアプリで販売する『セドリ』でした。

参加するには最低でも20万の支払いが必要になります。

しかもこの20万を払ってもビジネスの根底を坂本よしたかに握られている事実は変わりません。

あなたは20万を払って、坂本よしたかの子分になりたいですか?

当サイトでは坂本よしたかが関わる副業はおススメしていません。

あなたが集団訴訟の一員にならないことを祈ります。

安全に稼げるおススメ副業

  • どんな副業を始めたらいいか分からない
  • 結局悪質な副業じゃないの?
  • 苦しい生活から抜け出したい
  • でもその方法が分からない
  • 勉強はしたくない
  • そもそもあまり時間が無い
  • お金に余裕が欲しい

もし、この様な思いがありましたら、是非こちらをご覧ください。

こちらは副業初心者、何から始めていいか分からない方にこそおススメです。

最初の一歩を踏み出したい!という想いがある方は、上記の検証ページへどうぞ。

編集長厳選Ranking
キャリア
口コミ評価
簡単さ
即金さ 最短即日から可能
作業時間 1日5分
会社情報 しっかり記載あり

詳細ページ公式LINE

エニタイムジョブ
口コミ評価
簡単さ
即金さ 副業によって変動※最短即日
作業時間 副業によって変動※最短5分~
会社情報 しっかり記載あり

詳細ページ ※現在募集停止中!

バズリッチ
口コミ評価
簡単さ
即金さ 副業によって変動※最短即日から1週間
作業時間 副業によって変動※最短1日5分
会社情報 しっかり記載あり

詳細ページ ※現在募集停止中!



騙されない様にしっかり

ポイントを押さえましょう。


 

副業を選ぶ基準が無いと簡単に騙されてしまいます。

稼げる副業に出会う為には、しっかりポイントを確認する事が何より重要になります。

私が上記3つの副業を選んだ理由は下記の検証ページにて記載しています。

▼こちらも併せてご覧ください▼

POSTED COMMENT

  1. 坂本よしたかSDGz実践者 says:

    去年の12月に続いてまた新規募集してるみたいです。同じような被害者を出したくないのでこのブログに掲載してください。

    坂本よしたかのSDGz参加者(2022年12月)です。2023年7月にまったくおんなじ劇場型ローンチを開始し新規の募集を始めました。さすがに私も新たな被害者がまた増えるのはいけないと思いメールを送ります。ついてはこの内容をサイトに掲載お願いします。
    少しでも反省、また改善されることを期待して。

    私は2022年の12月に坂本よしたか(佐藤みきひろ)の劇場型ローンチを見てSDGzに217800円出して参加しました。
     
    坂本よしたか、佐藤みきひろ氏コンビの3回のセールス動画に関して、こういう劇場型ローンチはかなり盛った表現はあるとは思いましたが、佐藤みきひろ(当方は彼のコミュニティー・現Mリボ(旧ファイナル)にスタートから参加し、佐藤さんには信頼があったので)さんがアンバサダをしているということで、盛り漬けは、そこそこあると思いましたが参加しました。
     
    参加してみて、話を盛った内容だけでなく、嘘もありました。佐藤さんは坂本よしたかとの関係で、企画の内容をある意味ユーザー目線で、素直に信じて話を合わせていたので、共犯者?かといえば違うかもしれません。ただ、本当に一緒に盛り上げた劇場型ローンチの内容通りに行われているかは、検証して改善を要請する責任はあると思います。
     
    そこで、盛った話、嘘について簡単に整理しました。
     
    嘘1,300名限定と言いながら、閉め切ってもずるずると締め切りから約一か月、募集を伸ばして結局倍の600名。さらにあとから参加費100万のプレミアムコースが後から出てきました。これはより有利に仕入れられる利権コースでこれは限定300名枠で参加した人にはライバルになるだけなので不利になる後出しじゃんけん設定。今回もそうなるのでしょうか?
     
    また、性懲りもなく、まったく去年暮れと同じ嘘のあきれる3回シリーズのローンチ(本部はローンチでの内容は法に触れる嘘を認識していると思われる)で新規の金集めを2023年7月末、また募集を始めました。これは許せません。数が増えれば仕入れ商品のBOXの供給の質が落ちる(利益が出ない安物が増える)ただでさえ稼げないのに、良いことはないからです。
    多分前回の600名の参加者の多くが、がっかりしてやめたか、私のように仕入れをしていない参加者が多く、本部がタダ同然で仕入れた在庫が倉庫にあふれてきたので、その処分先を作る必要が出てきたのか? 20万円~の金が労せずして集まるわけなので本部はウハウハでしょう。
     
    嘘2、本部からの商品供給は、送料などの経費がどうしてもかかるので、2番目のローンチで1個数百円と言っていましたがふたを開けたら880円、かなりの大盛り。クレームが出たのか?その後660円になりました。参加の皆んは1個200〜300円と思ってたはず。動画ローンチでのBOX中身についてのデモにあった、万単位で売れるモノは皆無で、ほどんど数百円から数千円モノばかり。しかも配送料も負担。初月から30万利益、3か月後に100万は完全な嘘。一桁違うのが現状。
    最初は倉庫の管理体制が後手後手。当初のサポートできる300名の倍の募集をしたためその処理の関係か、1月13日頃入金し、最初のBOXの発送は2月下旬でした。
    実際のところは仕入れ2万として、販売して残った利益額は2万円。30万手元に残すには30万円(約400〜450点)を仕入れて、販売するプラットホームにすべて出品し、販売、発送する必要があります。
     
    嘘3、一度売れたものの返品(Amazonへの返品)なので、売れる理由にしていますが、それは一理あるも、実際は返品された理由は、不良品で返品されたモノが含み、仕入れBOXにはそれも混じっています。不良品はそもそも機能しないジャンク品、何か部品が足らない不完全品。この辺のチェックは本部はやっていません。電源コードがあるものは通電があるかの確認程度しかできず、それ以上は商品を良く知らないため不可能です。当方も「あるデジタル部品」が不良品でキャンセルをもらいました。キャンセルの場合は、次のBOX発送の時に追加して一緒に送る、不良品は元払いで送る、という処理で本部は一切のリスクを負わないシステム。
     
    嘘4、多品種小ロット、競争が少ないのが特徴のSDGzBOXの中身。何が来るかわからないので当然、商品説明、価格設定はわからない為出品できません。それをクリアするのが簡単にメルカリなどにアップロードできる倍速ツール(フリマワン)アプリ。これはメルカリの販売済データから、販売された同じものを見つけて、そのデータを引っ張ってきて簡単に出品できるツールであり、今回のSDGzシステムでは不可欠のツールです。2回目のローンチでは、SDGzBOXとアプリはセットである事をアピール。3回目の募集内容に関しても、セットであるということで参加費用を表示しています。
    クレジット決済217800円を一括で支払った場合、5年サポートで換算すると1日120円という図がでます。217800を60ケ月で割って、30で割れば120円になります。しかし、これは最大の大嘘でした。実際は2か月だけ無料で、3か月目から毎月5980円のサブスクリクション。会員になって管理画面に入ったとき愕然としました。このサブスクの5980円の数を取るのが目的だったのか!これは、不実の告知になり本部は言い訳できません。今からでも無料にしてほしいです。
     
    嘘5,これは期間が確定してないので嘘ではありませんが、その流れになりつつあります。
    サポート期間5年がSDGzBOXの供給機関5年で終了。3回目のローンチでアンバサダの佐藤さんは、一生食いっぱぐれなしの確実なビジネスと宣言して、5年で終了とは言っていません。サポート5年、私はこれに命を懸けている!と坂本よしたか。
    本部の思惑では、5年で終了して、更新料を集める目論見かもしれません。今回の新規募集をする神経なのでありえると思います。
     
    嘘6、これはオマケですが、全額返金保障でリスクなし。その心は1円も売り上げなければ全額返金。どんな商品でもアップさえすれば1円以上で売れます。(笑)
     
    他にも、いろいろありますが、長文につき、今回はこれにて
    今後もウオッチングを続けて、リポートしていきます。
    悪いことだけでなく、良いことも。
    坂本よしたか先生、命を掛けているなら、言った事はちゃんと守って下さい。

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *

error: Content is protected !!