副業

【稼げないと太鼓判】UP(アップ)とは?消費者庁からの注意喚起の事実は?

UP(アップ)とは

今回検証する副業は、『写真を送って毎回1万円以上をGET』と謳うUP(アップ)です。

そのサイトには様々な謳い文句が記載されています。

  • 写真を送って報酬ゲット
  • 掃除機の写真で4,000円
  • 2~3分で毎回1万円以上
  • 最短24時間以内に入金
  • 日給10万も可能
  • 利用は完全無料

これらは本当なのでしょうか?

徹底的に検証して行きましょう!

と、思いましたが、上記の内容に見覚えがあるのです。

なので特商法から確認してみました。

UP(アップ)の会社情報を検証してみた

上記にも記載しましたが、『写真を送るだけ』とありました。

この文言に見覚えがあったので、先に運営の会社情報を調べてみると予想通りでした。

UPの会社情報がこちらです。

販売事業者 株式会社テック
運営責任者 奥野 歩夢
所在地 東京都渋谷区代々木1-45-10 NJビル201号室
電話番号 03-4595-0832
E-mail info@tech0719.com

こちらの会社情報と全く同じ副業を過去にも検証しています。

それが、「リッチワン(Rich one)」と「アプリオ(Aprio)」です。

そして、アプリオの元となったのが副業「ウィル(will)」です。

こちらに関しては特商法の情報が違いますが、消費者庁から注意喚起を受け会社を立て直しているのです。

アプリオとウィルの運営は同じです。

このUPと言う副業の内容は、「アプリオ」「ウィル」と同じです。

つまり焼き増しされた案件の、更に焼き増しされた副業案件という事なのです。

内容はもう検証済みと言っても過言ではありません。

ですが、過去と違いがあるのか見ていきましょう。

※理解していると思いますが、この副業に関わることすらおススメしません。

この副業に登録した時点で破産する覚悟を決めてください

それか、初期費用を払っていなければすぐにLINEのをブロックしましょう。

初期費用などお金を払っているのならば、なるべく早急に消費者センターか弁護士に相談しましょう。

UP(アップ)の仕事内容を検証してみた

そんなUPの仕事内容は何でしょうか?

LINEに登録すると、送られてくる内容がこちらです。

こちらでも画像を送るだけと記載がありました。

では、本当に画像を送るだけ?と思いましたが、過去の焼き増し元を探るうえでこんなものが出てきました。

焼き増し元のウィル(Will)は消費者庁から注意喚起が出ています。

令和3年11月19日に消費者庁からとある副業について注意喚起が発令されました。

それはウィルに対する注意喚起でした。

題:写真を貼り付けるだけの簡単な作業で儲かる副業ビジネスを紹介するとして7,000 円程度のテキスト教材を消費者に購入させ、その後に電話勧誘により著しく高額な金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

出典元:消費者庁からの注意喚起資料

この中で特に気になった部分がこちら。

消費者庁の調査における要点
  1. 写真を張り付けるだけでない
  2. 動画の作成・編集が必須
  3. 毎回1万以上稼げない
  4. 即日入金されることは無い

写真を送るだけでは
稼げません!

お仕事には動画作成・編集スキルが必要です。

そして動画作成と編集が必要になり、それをしても日給1万以上を稼げる保証などありません。

次いで調べていくと、その動画はバズビデオというサイトに投稿していくそうです。

そのバズビデオの1視聴単価”0.45円あれば宝くじが当たるくらいの強運”です。

1視聴単価 アカウント作成したときの確立
0.45円 10,000分の1
0.2円 1,000分の1
0.035円 100分の1
0.002円 ほぼ全てのアカウント

ほぼ専業で8時間以上アカウント作成をしても1か月で作成できるか分からない程度の確率です。

そして、それを作成しても、1万回再生される動画を作れたとしても、収益は4,500円です。

視聴単価が0.002円のアカウントなら20円です。

1万回視聴される動画を作成しても20円にしかならないのです。

それで『稼げる』と言えるのでしょうか?

消費者庁の注意喚起も当然と言うものです。

UP(アップ)の初期費用を検証してみた

UPの初期費用は2,000円とサイトに記載がありました。

しかし、消費者庁の注意喚起にはこちらの記載がありました。

消費者庁の注意喚起抜粋

広告収入でお金を稼ぐものであるなどと説明するとともに、有料の「サポートプラン」を契約するよう勧誘してきます。
有料のサポートプランの内容は本件テキストに記載されており、「1STプラン」から「マスタープラン」までの6つの有料サポートプラン(価格は320万円~150万円)が紹介され、プランごとに、サポート日数(30日~90日)や売上見込である「シミュレーション金額」(約27万円~約750万円)が設定されています。

サポートプランがあります。

150万~320万と非常に高額なバックエンドプランです。

初期費用の2,000円だけでは稼げません。

初期費用が安いからと言って安易に購入してしまうと、高額なバックエンドプランまで一直線です。

登録しない様にご注意ください。

UP(アップ)の口コミや評判を検証してみた

一応調べてみましたが、UPとしての口コミ、評判はありませんでした。

最近作成されたのかと思いドメインを調べてみると、リッチワンのドメインをそのまま使用していました。

なのでドメイン取得日が去年になり、UPがいつ始まったかは特定できませんでした。

どちらにしろ、消費者庁の注意喚起がある副業です。

消費者庁の注意喚起があるという事は、多数の登録者から消費者庁へ連絡があったという事です。

つまり、それらは『大金を払ったが稼げなかったと言う口コミが消費者庁に報告された』という事に他なりません。

稼げないという口コミが
消費者庁に報告されている。

これほど信用出来る口コミは無いでしょう。

もちろん悪い意味で、ですが。

UP(アップ)の収益実績を検証してみた

消費者庁に『稼げない』と太鼓判を押されている副業の焼き増し案件です。

稼げるはずがありません。

収益実績などあるはずがありませんので、もっと違う事に時間を使い、有効活用しましょう。

UP(アップ)のサポート体制を検証してみた

稼げない副業のサポートなど興味ありますか?

『サポート次第では稼げるかも知れない!』と思われますか?

そんな方は、今すぐ口座残高が150万あるのか確認してみてください。

無ければサポートが受けられませんので諦めてください。

そして、お金をドブに捨てても良いというなら登録してみてはいかがでしょうか。

私は一切の責任を持ちません。

『消費者庁が”登録するな”と注意喚起している副業』です。

まとめ

あなたは消費者庁より、稼げない副業でお金を取ろうとする企業を信じますか?

そんな言葉に踊らされる時間があるのであれば、普通にコンビニでバイトした方が何万倍も有益です。

このUP(アップ)と言う副業は以前消費者庁に注意喚起された副業の焼き増し案件です。

そして消費者庁から『稼げない副業』と太鼓判を押されています。

登録するだけ時間の無駄なので、登録しない様にしましょう。

もう登録されてしまい、初期費用を払おうか迷っている人はLINEをブロックしましょう。

初期費用を払った方は諦めるか、消費者センターに即刻電話しましょう。

┏ 私史上、最も収入を得れた副業 ┓

┗ この副業は常識が変わります。 ┛

編集長特選ランキング

私、『マーシャ編集長』視点で見てもやはり副業は選びにくい業界です。

「騙されるんじゃないか?」
「結局稼げないのでは?」

そう考えてしまうのはよく分かります。

何回も騙された私だからこそおススメしたい優良中の優良案件をご紹介します。

詐欺副業と何が違うのか、どこを確認すれば騙されないのか。

しっかり見ていきましょう!

 

COMMENT

Your email address will not be published.